身長を伸ばす方法や逆に伸ばさない方法!お悩み相談室

身長の悩みは尽きません。ストレッチで伸ばす工夫をしたり成長ホルモンの問題だったり、睡眠、適度な運動も様々な工夫が有ります。プラステンアップのような伸びるサプリを利用するのも良いでしょう。そんな身長の悩みをまとめました。

高身長になった時期と感得られる原因

f:id:tarumaesan58:20170502080305j:plain

 

私は中学校時代から身長が伸び始め、高校時代には180センチの高さになりました。原因としては、当時はバスケットボールをしていたのでよくジャンプしていたことと、その時飲んでいた薬の副作用で授業中によく寝ていたことだとおもいます。バスケをやめた高校時代も伸び続け180センチあたりでようやく止まりました。

高身長が役に立つ瞬間と全てが低すぎる

この身長が役に立つ時は、高いとかものものを取る時に役に立ちます。他の人の場合だと段差などを利用しないと取ることができないものも、私の場合だと手を伸ばすだけで高いところのものが取ることができます。また、街のあらゆるものが私の身長より低い身長に合わして設定されているのでその点がとても辛いです。例えばレジの場合だと常にレジを見下ろさなければ画面が見えないので、だうしてもいわゆるスマホ首というものになってしまい長時間レジにいると首と肩の付け根がとても痛くなりま辛いです。また部屋の天井が低いのでそのぼーっと歩いているとドアの天井に頭をぶつけてしまうことも多々あります。

気をつけていることと、世の中への望み

そんなことが続くと、できるだけ腰を低くし天井が低と頭上には気をつけて歩くようにしています。世の中のものの高さがあと10センチ高かったら首と肩が痛くなることも、頭をぶつけることもないのにと思います。また、レジなどでものを長時間見下ろす時は、できるだけ後ろに下がり見下ろす形にならないようにしたり、また足を開げ視線の高さをレジに合わせるようにしています。しかし、それにも限界があり只の時間稼ぎであり首が痛くなる事実は変わりません。なので世の中はもっと高身長のことを考えた構造にして欲しいです。